親知らずを抜き、それを抜いた歯のかわりに

私は、以前に住んでいた大阪でインプラント治療の有名な歯科で虫歯治療を受けた時にびっくりしました。
その理由は、虫歯の歯がかなりひどかったためにその歯を抜いた方が良いと歯医者さんに言われたので、「抜けた歯の跡はどうするのですか?」ときいたら、「インプラントをするのではなく、保険の中だけで済ませたいですよね?」と質問されました。「はい」と私が答えると、「では、この要らない親知らずがあるので、これを移植しましょうか?」と先生は言いました。
私はそんな方法があるのかと、とてもびっくりしました。
このような移植は難しいと思うのですが、もともとの自分の歯を移植するので成功する可能性が高いからと先生に言われたので、その方法で御願いをしました。結局、移植はうまく行って私はもともと親知らずだった奥歯を前の方の抜けた歯の代わりとして移植してもらいました。
移植後は、自分の歯のため、もとからずっとそこにあったかのように今でも何の問題なく、使えています。ものすごい技術をもっている歯医者さんだったなと今でもよく先生を思い出しています。