白い歯をキープするために

PR|吹田で評判の歯科

日常生活の中には、歯を黄色くさせてしまう要素があちこちに転がっています。

例えば、コーヒーやアルコール、カレー、スパゲティ…などなど、着色料がキツい食べ物(飲み物)。あとは、喫煙も歯を黄色くさせますし、老化や遺伝に伴う要因も考えられるそうです。とまあ、このように、様々な要因によっては黄色くなってしまうわけですが、当然のことながら何も対策を講じなければ、いつまで経っても黄色いままです。

そんな中、私は白い歯をキープするために、複数の対策を講じるようになり、少なからず効果を実感している今日この頃であります。さて、私が講じている対策というのがですね、ズバリ「着色料のキツいドリンクを飲む際にはストローを使う」というものです。ほら、ストローを使って飲めば、口腔内に飲み物が広がる心配がないでしょ。

ダイレクトに喉に持って行けると言いますか、とにかく歯に付着する可能性がかなり低いため、黄ばむ可能性も同様にかなり低いのです。これがねえ、なかなかどうしてかなり効果的なんですよね。どんなに優れたホワイトニング商品を使おうとも、歯医者さんでホワイトニングを施してもらおうとも、普段の生活に歯を黄色くさせてしまう要因が転がっている以上、まずはそこを断たなければ(改善しなければ)結局はすぐに黄色くなってしまいます。

そういう意味では、私が実践している「ストローを使う」というのは、至極単純ではあるものの、実はとても効果的な対策であると言えるのではないでしょうか。これがもしも、何か特殊なツールを使う対策だったならば、そのための準備や費用は大変になってくるでしょうが、この対策はあくまでもストローを使うだけですからね。

ストローなんて、100均でも簡単に手に入りますし、日常的に使ってもそこまで大きな出費とはなりません。このように、ストローを使った対策は、手軽かつ費用を抑えることが出来るのでおススメです。歯の黄ばみというのは、毎日の積み重ねであり、出来るだけ早い段階での導入が結局のところその進行を抑える一番の近道であります。

ぜひお試しあれ。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|貯蓄|GetMoney|工務店向け集客ノウハウ|初値予想|JALカード|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|内職 アルバイト|ショッピングカート|サプリメント|童話|オーディオ|